ごっこ遊びの会話

近所の家には長い階段があり(1階は車庫)、その場所を通る時、時々階段を3,4段ほど上がり、病院ごっこをして遊ぶことがあります。

みい「ここは病院です。お医者さんはいません」
ママ「えっ?お医者さんはいないの?」
みい「看護婦さんはいます」
ママ「あら、じゃあ看護婦さん。お腹が痛いので診ていただけますか?」
みい「看護婦さんはいなくなりました」
ママ「どうして?どこにいったの?」
みい「お買い物に行っています。お医者さんもお買い物です」
ママ「何を買いに行ったの?」
みい「それは分かりません。お薬はありますので出しておきますね。
ハイ、これを飲めば治ります」
ママ「ありがとう」

じゅん「ここは病院です。どこが痛いですか?」
ママ 「お腹が痛いです」
じゅん「では、注射を打ちますね。ブチュ~」
(人差し指でママの腕を押してる)
ママ 「ありがとう」
じゅん「目薬を出しますね。ピュッピュッ」
(目に目薬をかけるしぐさ)
ママ 「ありがとう」(お腹に目薬は違うぞ)

3~4歳くらいになると、ごっこ遊びをよく見かけますね☆

ごっこ遊びで注意すべきは「床屋さん」。

じゅんは、まったく切れないプラスティックのおもちゃのハサミを使わず、本物のハサミで、自分の髪の毛をジョキジョキッと切ってしまいました。

まさか本物のハサミを使うとは思わず、床のあちこちに10cmほどの髪の毛が落ちていました!(本人は楽しそうでしたが…)

短く切りすぎたところは、頭の上に向かってピンと、立って生えています。

子供が大きくなったらこの出来事を教えてあげよっと。
「あなたはね~。子供のころ…」ってね(^^♪

幼稚園の七夕祭り

先日の7日に、幼稚園で七夕祭りが行われました。
教室の廊下に、園児たちが作った七夕が飾ってあり、きれいでした。(#^^#)

七夕には笹飾りを作って、短冊に願い事を書きますよね。
年少クラスは「おおきくなったら、何になりたい?」というテーマのもと、各自のなりたいものが書かれていました。

毎日うさぎの絵ばかり描いているじゅんは、
「ミッフィーになりたい(ウサギのキャラクター)」←ロマンチスト

正義感が強く間違ったことが嫌いなみいは、
「けいさつかんになりたい」←現実派

先生方の劇もあり、家に帰ってから「おり姫とひこ星が一年に一度だけ会える日なんだって」と、七夕への理解が一つ深まったようです。

七夕の夜は、彦星(わし座のアルタイルという星)と、織姫(こと座のペガという星)が夜空の天の川を渡ってデートするんですよね。
でも、雨が降ると二人は会えないのだそうです。

七夕にはいろんな伝説がありますね!

「その日は天の川が見えるんだよ」と教えてくれました。

「天の川が見たい!」というので、寝る時間になっても起きようとしていましたが、お空がなかなか暗くならず…。
二人とも眠気に我慢できずに寝てしまいました。(;^_^A

ちょっと前は、じゅんは「ちょうちょになりたい」、みいは「ネコのおかあさんになりたい」と言っていたのに、願い事がコロコロ変わるんですよね。

私の願い事は「二人ともすくすく育ちますように」それだけです。
平凡な願いですが、平凡だからこそ元気でいられることの有難さが身に沁みます。

アデノウイルスと溶連菌

じゅんが5日間、高熱を出しました。

それまでは熱が出ても、せいぜい38.5度以内で済み、食欲がなくても水分はこまめにとれていたので、いつも家で様子を見ながら世話をしていました。

というのも、赤ちゃんの頃は、38度以上の熱が出るたびに病院にかかっていましたが、毎回風邪と診断され、そのたびに「機嫌がよく水分がとれていれば大丈夫」と言われました。

それを繰り返すうちに、熱が出ても対処法が分かってくるので、あまり病院に行かなくなったのです。

今回は初めて39度以上の熱が出たので、びっくりしました。

二日経っても熱が下がらず咳がひどいので、幼稚園に欠席の連絡を入れると、「今幼稚園ではアデノウイルスと溶連菌感染症など、発熱を伴う感染症が流行っている」とのことでした。

もしかしたらそれらの感染症にかかっているかもしれないと思い、早速調べてみました。

アデノウイルスは、代表的な3つの症状として、
① のどの腫れ・痛み
② 目ヤニ・目の充血
③ 38度~40度近い高熱

が挙げられ、どれか一つでも症状が当てはまる場合は疑う必要があり、アデノウイルスにかかった場合は、登校・登園は原則2日間禁止とのこと。

溶連菌は、38度~39度の高熱が出て、のどが痛み舌に真っ赤なブツブツが現れるのが特徴とのこと。

① のどが痛み、真っ赤に腫れ上がる
② イチゴのようなブツブツの舌になる
③ 顔~全身にボツボツとしたかゆみを伴う赤い発疹が多数見られる

上記の症状が消えた後に、手や足の指先から皮膚がむけることがありますが、自然に治るとのこと。

それ以外ではだるさ、頭痛、吐き気、リンパ節が痛み、腹痛が起こることもありますが、鼻水や咳は目立たないとのこと。

二つの症状について簡単にまとめました。
咳はひどいがのどの痛みはなく、舌にブツブツがなかったので、溶連菌ではないと判断しました。

次にアデノウイルス。
のどの痛みはなく目の充血もなし。ただ高熱という特徴に当てはまっていたのでそれを疑い受診しました。

結果はただの夏風邪。えへっ(;^_^A

そして5日間の高熱が出た後は咳は治まり、元気に登園。
しかし、その3日後にはみいが高熱と咳が出て、じゅんと同様5日間高熱が続きました。

二人が元気になった後は、お陰で看病疲れにより、二日間寝込んでしまいました。
幼稚園って本当にいろんなものをもらってくるんだな~と感じています。
色んな病気を経験しつつ、強くなってほしいと願っています。

ピアノレッスンに向けて指体操☆

3月からピアノを習い始めました☆

実家にはピアノが置いてあり(姉が習っていました)、二人とも小さいころから興味津々で銀盤をたたいていました。

ピアノを習っているお友達が上手に弾いていたことも、刺激を受けたようです。
去年冬頃から突然、「ピアノやりたい!」と言い出すようになりました。

とはいっても、小さいうちは気分にムラがありますよね(;^_^A
なので、本気でやりたいと思っているのか、ちょっとやってみたいと思っているだけなのか分からず、様子を見ていました。

そして、二人の「ピアノやりたい」という強い気持ちに押され、中古のピアノを思いっきり購入し、レッスンに通いはじめました。

車がないため家から通える範囲の所を探しました。
個人の教室なので、ずっと同じ先生に見て頂けます☆

ドレミの音があることも、リズムがあることも知らない二人なので、最初のレッスンは「めちゃくちゃ演奏」「聴音レッスン(先生のピアノを聴く)」「リトミック(色々な楽器を使ってプチ演奏したり、踊ったりなど)」を行いました。

本格的にピアノレッスンを受ける前に、5指が使えるように指の体操も行いました☆
この体操を始めたら、普段から小指と薬指を使っていないことに気づきました!

<指ゆび体操の歌>

(右の親指で)(左の親指で)(両親指でペコリとお辞儀)
1ゆびとうさん 1ゆびとうさん こんにちは こんにちは

(相手の親指にチョンチョンとタッチ)(親指を脇腹に)
お元気ですか お元気ですか     さようなら さようなら

歌詞に合わせて5指を使う。
以下動作は同じですがアレンジしてもいいですね!

(人差し指で)
2のゆびかあさん 2のゆびかあさん こんにちは こんにちは 
お元気ですか お元気ですか さようなら さようなら

(中指で)
3のゆびにいさん 3のゆびにいさん こんにちは こんにちは 
お元気ですか お元気ですか さようなら さようなら

(薬指で)
4のゆびねえさん 4のゆびねえさん こんにちは こんにちは 
お元気ですか お元気ですか さようなら さようなら

(小指で)
5のゆびあかちゃん 5のゆびあかちゃん うまうまう うまうまう 
うまうまうまう うまうまうまう さようなら さようなら

 

この指の体操を2か月続いた後、全指同時にバーンバーン弾いていたじゅんは、5指を使って弾けるようになりました。
人差し指だけで弾いていたみいも、今では5指を使って弾いてます。(^▽^)v

まだまだ演奏はでたらめですが、ゆっくりと確実に上達!
楽しんでいる二人を見て、当初は迷ったけれど通わせて良かったと思いました☆

お誕生会☆

幼稚園で6月生まれの園児のお誕生会が開かれました☆

一人ずつ名前を呼ばれて、舞台の上に登場♪
はじめてのお誕生会、みんなの前で緊張している二人です。
金のかんむりがとっても眩しいです。

みい(次女・写真左・太っちょ)はニコニコしながら手を振り、じゅん(長女・写真右・小柄)は「・・・。」とだんまり。

先生から温かなお祝いのお言葉を頂きました。
忘れないためにもここで記録します。

「じゅんちゃん、お誕生日おめでとうございます。
にこにこ笑顔が可愛くて、お絵かきがとっても上手なじゅんちゃん。
素敵なおねえさんになってね!」
(ありがとうございます。)

「みいちゃん、お誕生日おめでとうございます。
歌やダンスがとっても上手で、お友達にも優しいみいちゃん。
これからも優しい心で大きくなってね!」
(ありがとうございます。)

同じように育てたつもりなのに、体重は13.8㎏と16.2㎏とだいぶ差が開いてしまいました(;^_^A。
身長も95.5cmと98.8cmとだいぶ差があります。

入園当初は、毎日「今日幼稚園お休み?」と不安そうに聞いてきたじゅんですが、「今日幼稚園やってる?」と楽しみにしながら登園できるようになりました。

みいは「今日、延長保育利用するから、おやつ食べるまでは迎えに来ないでね。おやつ食べた後もちょっと遊びたいから迎えに来ないでね」というほど園生活を楽しみにしてくれています。

ありがたいです。

毎日先生やお友達から刺激を受けながら、お家でもじゅんは朝から寝る前までひたすらお絵かきをして遊んでいます。ウサギの絵ばかり描いています。

みいは工作が好きになり、園でつくったものをお家でも真似して作っています。
紙コップでペンギンを沢山つくったり、トイレットペーパーの芯でタコさんをつくったり等々。

好きなものや性格が違う二人ですが、元気に育ってくれてありがとう!

右乳腺嚢胞と乳がん☆

先日、心から尊敬し応援させていただいていた小林麻央さんが乳がんによりお亡くなりになられました。
言葉が見つかりませんが、心の中で哀悼の意を表させていただきました。

私も他人ごとではなく、実は8年位前に、右胸のしこりを発見しました。

「まさかっ!」と思い、病院で精密検査を受けましたが、良性疾患のしこりで「右乳腺嚢胞」でした。

押すとコロコロ動き、痛みはありませんでした。
その後は1年に1回のペースで定期検査を受け、しこりが自然に小さくなることもなくガン化することもなく経過していました。

毎年定期検査の結果は「右乳腺嚢胞」の記載がありましたが、去年の1月の定期検査の結果は、「異常なし」でした。
でもしこりは相変わらずありました。

と・こ・ろ・が!
異変を感じたのは、去年の6月からです。
疲れがいつもよりひどく、イライラして子供に当たるようになりました。
自分でも「どうしてこんなにイライラするのだろう。子供たちに申し訳ない…」と自己嫌悪する毎日でした。

ある日ふと、セルフチェックを思い出し胸に触ってみると、前からあるしこりとは別に、新たなしこりを発見しました。

超音波でもマンモでも引っ掛かり、針で細胞を取り出して、顕微鏡で検査する細胞診断を行いました。

結果は乳がん。ステージ2。

一応早期発見ではありますが、進行形一歩手前でした。
結果を聞いて目の前が真っ暗になりながらも平常心を保ち、診断結果を聞きましたが、湧いてくる疑念は止まりません。

「何故? 今年の定期検査では異常なしだったのに? ちゃんと診てくれたの? 見落としがあったのでは?」等々。
子供たちや家族に申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。

すぐに右乳全摘出手術を受け、抗がん剤治療を4回行い、現在ホルモン療法を受けています。

しこりを見つけたら自己診断はせず、早めに医療機関を受診して、悪性か良性かを診てもらってくださいね!
愛する家族がいらっしゃるならなおのこと、後悔しないためにもです。

賞味期限切れの乾パンでクッキーを☆

2年ぶりに物置にある非常用備蓄食品の整理をしたら、賞味期限切れの乾パンを見つけました。

全部で10缶!

最初の2缶はこのままで、子供たちのおやつに出していましたが、今日も乾パン昨日も乾パン明日も乾パン…と続いているうちに、飽きられてしまいました(;^_^A

そこでクッキーにアレンジ! ジャーン!!

きな粉が入っています。
子供たちと一緒にコロコロ丸めました。美味しそうでしょっ☆

作り方は、
①ボールにバター80gを入れ、常温に戻す。
②乾パン1缶分をビニール袋に入れ、たたいて細かくする。
(うちはすりこぎ棒を使用しました。)
③常温に戻したバターを、泡立て器でクリーム状に練る。
④卵黄2個を加え、よく混ぜる。
⑤乾パンとふるった小麦粉80g、砂糖40g、きな粉大さじ1強を加え、木べらでよく混ぜる。
(子供たちは木べらを使わず、手でこねていました)
⑥オーブンを170度予熱する。
⑦コロコロ丸めて天板にのせる。
⑧170度で20~25分焼く。

クックパッドも参考になりますが、子供が好きな味に合わせてアレンジしました。
サクサクと軽い歯ごたえに、きな粉の香ばしさがお口に広がって美味しかったです。家族にも大好評でした☆

コロコロ丸めるとき、生地が手にべとつくのが気になるようなら、きな粉をもう一杯いれるか手に小麦粉を薄くつけながら丸めるといいかもしれません。

手で丸めずスプーンを使って、天板にポイポイのせて焼くのもいいですね☆

父の日のプレゼントは?

ジャジャーン!(遅くなりましたが)

パパの似顔絵を描いた「肩たたき券」をプレゼント♪
(カードの裏には「肩たたき券」と記入してあります。)

笑顔いっぱいの絵にパパは大喜び。

とても気に入ってくれたらしく、ダイニングテーブルの上に敷いてある、透明なテーブルクロスの中に似顔絵を挟んで大事にしています。
時々絵を眺めながらお食事しています。

しかし「肩たたき券」なのに、まだ子供たちに肩をたたいてもらっていません…(;^_^A

画用紙2枚とラミネートフィルムがあれば簡単に作れますよ☆

作り方は、
① 背景用の画用紙にコンパスで円を描く(円は大きく)。
② 描いた円に沿ってハサミで切る。
③ 顔用の画用紙にもコンパスで円を描く(円は小さめに)。
④ お耳の部分を描いてから、円に沿ってハサミで切る。
⑤ 顔用画用紙を、背景用画用紙にのりで貼る
⑥ 子供に、パパやプレゼントしたい人の似顔絵を描いてもらう。
⑦ 出来たら、ラミネートフィルムを張って完成。

一言コメントがあると気持ちが更に伝わって喜ばれそうですね☆

子供たちは「今度はおじいちゃんにも作りたい」と言っていました。
敬老の日に、おじいちゃんおばあちゃんの似顔絵をプレゼントしたいと思います。

はじめまして☆

4歳になったばかりの双子のママです。

幼稚園に通ってから、自分の時間が少しとれるようになりました♥
せっかくなので備忘録の意味で、日記や厚木のことを書きたいと思います。

幼稚園へは満3歳になってから入園したので半年以上経ちますが、その頃は体力がまだなく、園から帰るとすぐにお昼寝していました。

そしてお昼寝が終わるとぐずり始め、延々と抱っこをせがまれます。
足にしがみついたり構ってくれないと泣くので夕食はとても作れません。

登園している最中に買い物、洗濯の取り込み(夜洗濯して干します。朝が少し楽です)、夕食の支度や掃除を済ませます。

そうしているうちに大きな病気を経験してしまいました。
治療中は幼稚園を休みながら子供たちを実家に預けていました。

沢山の方に温かなお励ましを頂き、ありがとうございました。
お蔭様で元気になりました。

こうして迎えた4月の入園式は感激もひとしおです。
入園してから体力がつき始め、お昼寝しなくなりました。
あまりぐずることなく、夜寝つきがとても良いです。

双子の育児は確かに大変な分、とても楽しいですよ(⌒∇⌒)
双子をお持ちの方、そうでない方も、このサイトで何かヒントを得られたら幸いです。

厚木に住んでいますので、厚木のイベントにはよく参加します。
厚木の良さも少しずつ伝えていけたらと思います。

みなさま、よろしくお願い致します。
素敵なご縁がありますように!